ご馳走になってきました

Posted in: 2005年 11月 05日

nullお料理上手な方にご馳走になると、とっても勉強になりますね。「ほぉ~、こういう調理法だと、この食材がこんなに美味しくなるのか~」って。

お家へ招待してくれる度に毎回違ったお料理を、しかも抜群のタイミングでだしてくれるSさん。ゴールドコーストで手に入る食材を使って本格的な和食を作ってくれたり、タイ料理を和風っぽくアレンジしたりと、とにかくお料理の引き出しの多さに毎回驚かされます。お呼ばれすると「今日のメニューは何だろう?」とうきうきします♪

この日はまず、軽~く飲みながらのおつまみに、タコと昆布を煮しめた小鉢、それからセロリのきんぴら(写真上)。「えっ? セロリできんぴら?」と思うかもしれませんが、意外にとってもいけるんです。わりと甘いめで、葉の部分のくちゃっと味がしみ込んだところとセロリのしゃきしゃき感が上手い具合にミックスされてて、そこにピリッとした鷹のツメがきいているから箸がすすむ、すすむ。

続いて、レバーの串焼きのはずだったんですが、BBQコンロのガスが使えなくて、さぁ、どうなるのか……と思っていたら、そこはさすがSさん。冷蔵庫の中をざっと見て、急遽、レバーと白菜の中華風炒め物を作ってくれました(写真中)。用意してあったレバーを無駄にするのはもったいないし、こういう時に、あるものでささっと作れるものを思いつくところがスゴイ! しかも、その炒め物が美味しい! こちらではレバーを食べなかったのですが、白菜との組み合わせが意外で、「こんな食べ方もあるのかぁ」と発見でした。たぶん、前もってレバーの臭みをきちんと取り除いておいてくれたんだと思います。久しぶりに鉄分たっぷりのレバーをいただきました。ゴマ油の風味が香る一皿でした。

そして、合間に自家製のおつけものや、こちらで手に入る食材を上手に使った松前漬け風一品、ちょっとした箸やすめなどを出してくれたり、飲み続けたりして、メインにはとろ~りとやわらかく煮込んだビーフシチュー(写真下、ちなみに、これ、一人分)がでてきました。オージービーフは硬くてまずい、なんてとんでもない! 口の中でほろほろ~ととろけるようでした。じゃがいもや玉ねぎもやわらかくて、でも形はしっかり残っていて。時間をかけて作ってくれたんだろうなぁと思うと、有難いです。ちょっとだけのせてくれた生クリームが、全体をまる~い味にまとめてて、「ここは高級洋食レストラン?」かと思うほどでした。

Sさんのお料理は男性にしては珍しく、かならず野菜がたっぷり使われているので、すごく栄養バランスがとれています。これにも、毎回感心させられます。今回はたまたまお肉系の献立てでしたが、たいていはお魚かシーフードがメインです。お料理って、もちろんスキルも必要かもしれないけれど、アイデアというか独特の勘というか、センスというか、経験というか……。とにかく、おいしく食べたいという「食」への興味と、おいしく食べてほしいという「気持ち」が大切なんだなぁと思いました。

特別な高級食材を使わなくても、日本の食材が手に入らなくても、そんなの関係ないなぁとつくづく思います。お呼ばれすると、必ず一緒にキッチンに立たせてもらって、包丁さばきや、調味料をいれる瞬間、火の通し方など、しっかり観察させてもらっています。そうすると、酔っ払って豪快に作っているように見えて、実は基本はしっかりおさえていて、とにかく丁寧だということがわかってきました。その人の作るものを食べると、人柄までわかるような気がします。さっ、次回は何をご馳走してくれるんだろう? 楽しみ~。

1件のコメント

  • Commented by wenko-no1 at 2005-11-05 08:34 x
    誰かが作ってくれる料理って、すっごくおいしいんですよねぇ!
    Sさんって、男性なのにすごく気転がきいて、アイデアマンですねぇ!
    うちのダンナさんにも見習わせたい・・・(^^;)
    ビーフシチュー、めちゃ食べたいっ!( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう
    Commented by tama_mami at 2005-11-05 12:07 x
    sさんって、男性だったんですか!
    男性なのに野菜料理てきぱきこなしちゃうなんてカッコイイね!
    セロリのキンピラ私達夫婦も大好きでAUでよく作ってます。・・・セロリ安いから。
    それにしても、Sさんのお料理おいしそうなものばかり!レバー以外大好物です。
    松前漬け風・・・う~ん、作り方教えて欲しいなぁ( ̄A ̄ )おっとヨダレガ・・
    Commented by Bluemoon70 at 2005-11-05 14:58 x
    はじめまして。Sさんって、男の方なんですね?でも、男の方ってお料理が繊細で味も変わらないから男性のコックさんが多いんですって。
    でも、誰かに作ってもらう料理って美味しいし、ほぉーこんな料理もできるのかって勉強になりますね!!
    Commented by mint at 2005-11-05 18:58 x
    うまそうだね~。新しいアドレス消えてしまったのでまたメール送ってくれる?ごめんね。
    Commented by r_decop at 2005-11-06 09:21 x
    うわ~~美味しそうなお料理!
    しかも男性なんですねー。昆布を使った煮しめなんて素敵ですねっ。
    旦那様だったら嬉しいのかもっ!笑)
    あれれ?次はsangoさんがご馳走をふるまう番じゃないんですか~??
    Commented by sango00 at 2005-11-07 06:28 x
    wenko-no1さん、そうですよね~、誰かがお料理してくれて、
    「はいっ、どうぞ!」ってもてなされると、美味しい!!
    tama_mamiさん、そうです、Sさんは男性なんです。
    野菜たっぷりだし、お肉でもお魚でも、
    洋風でも和風でもアジアン風でも、
    前菜からメインからおつまみまで、
    何でもOKな完璧料理人です。
    セロリのキンピラ、tama_mamiさんも定番なんですねっ!
    松前漬け「風」はですね、ちりめんじゃことお昆布とスルメが
    ぽいんとです!
    Commented by sango00 at 2005-11-07 11:47 x
    Bluemoon70さん、はじめまして!
    男性のコックさんが多いのは、もちろん重たいお鍋やフライパンをるれる、ということもあるけど、繊細な味覚を保てることも関係して
    くるのかもしれませんね。たしかに、普段は甘いものにそれほど
    ひかれないわたしも、○○前だと、甘いもの、甘いもの、って舌になるし・・・・・・。
    r_decopさん、そうなんです、いつかはわたしも腕を振るわなきゃ、
    と思いますが、おもてなし好き&上手なSさんに、
    とことんもてなしてもらってます~。
    Commented by Magnolia_7811 at 2005-11-07 12:04 x
    素敵っ!!『おもてなし上手』な男性って憧れます。
    確かに、お料理上手な男性は、女性よりもしっかりとした観察力をお持ちですよね。だから繊細な味付けも出来るのでしょうか?
    「大雑把に作ったように見えるのに、どうしてこんなに美味しいの?」って、口がきけないほど頬張るのが私の役割です。
    お食事だけでなく、『場』の雰囲気の演出もお上手なんでしょうね~。
    Commented by sango00 at 2005-11-09 11:33 x
    Magnolia_7811さん、「口がきけないほど頬張る」
    っていいですねぇ~、この表現(笑)。
    『場』の雰囲気の演出、はですね、もう本当に自然に、
    みんなが酔っ払って満腹でいい気分になるので、
    おしゃれ~な感じなどはまったくないんですけどね・・・・・・。

    コメント by sango — 2006年1月25日 @ 9:56 PM

Leave a comment