オーストラリアで携帯電話

Posted in: 2006年 05月 23日
Category: ひとりごと

20060523-20060523.jpgじゃ~ん! やっと、届いた新しい携帯電話。大好きなピンクです~。ちょっとケバケバしい色で、箱までピンクなのには驚きましたが。

実はこれを手に入れるまで、それはそれは、なが~い道のりでした。プラン変更に伴い、この機種がもれなく無料でついてきたのですが、これをオーダーしたのは約一ヶ月前です。「オーストラリアのサービス業はなってない!」とか「お客様よりえらそうな態度」とかいろいろ言われているけれど、これまで、そういう思いはほとんどしたことがありませんでした。食べ物屋さんのウェイターさんは気さくだし、洋服買うときもたいてい愛想が良いし、思い出す限り契約関係ごとでもトラブルってなかったし。

それが、今回の「OP○○S」だけは、ひどかった……。そもそもオーダーしてから、プランがちゃんと変更されたのか、携帯電話は配送されたのか、担当者と連絡がつくまでに約10日間、それから実際に電話が届いたのが一週間後、しかも、黒……。「ピンクの携帯電話だ~」とうきうき待ち望んでいたので、かなりショックでした。で、もちろん、「クレームしなきゃっ」ってコールセンターに電話したら、人の声がするまでにずいぶん待たされる。やっとつながったと思ったら、担当者にまわされる。よくやく、事の成り行きを説明できたと思ったら「ちょっと待ってね、調べるから」と言われ、プチ~ンと切れた……。「えっ? ここまでたどり着くのに30分は受話器をにぎりしめているんですけど……?」

こんなことが何度も繰り返され、ひどい時には「カスタマーサービスの部署につなぐからね」と言われて延々と待つこと40分。途中で切ればいいのに「ここまで待ったんだし」とねばっていたら営業時間が過ぎたらしく、1時間くらいたって「もしや、スタッフたちは帰ったのでは……」と気づき、泣く泣く受話器をおくはめになったこともありました。

じゃあ、黒であきらめればいいものを、かなり立腹してきて、「とことん戦ってやる~! 絶対ピンクの電話を手に入れるぞ~!」とますますしつこさが増していくわたし。

そして、いろいろとたらいまわしされた結果、何人かの親切なスタッフにより、ようやく間違えた担当者を確定できました。……が、その彼の態度がまたスゴい。わたしが「ピンクをオーダーしたのに黒が届いたから変えて欲しい」と伝えたら、なんとっ! 「たかが、プラスチックケースじゃないか! 黒でいいだろ?」ときた。これには、完全に頭にきました。それじゃあ、なんで色違いなんか売っているの? アンタは買い物するときに色を選ばないのか? そもそも、間違えたのは自分なのに、その言い草は何ぞや? と怒りバクハツ。普段、心おだやか~に暮らしているのに、このときばかりは猛烈に腹が立ちました。

で、何度もしつこく「本当にピンクがいいの?」と問われ、「そうだ」と答えていると今度は「それ、人気の色だから在庫がなくて、黒でいいか~って送ったんだよね。そのほうが早いと思って」だと。そんなこと勝手に決めるな~! でも、そこから何度も電話のやりとりを繰り返していると、結局まだあることが判明し「今日か金曜日に持っていくから、黒色のは絶対に開けるな! 使うな!」と念をおされ、無事に一件落着。そうは言っても、もちろん、約束の日にはやって来ず、次の週、つまり昨日になってようやく届いたのでした。

こんな面倒な思いしたの、初めてです。たかが携帯電話の色くらいで……と思われるかもしれないけれど、やっぱり納得がいかなかった。オーストラリアで携帯電話一つ手に入れるのに、こんなに時間がかかるとは。こんな思いをして手に入れた、このピンク電話、大切に使おうっと。

9 Comments

  • きゃーいかにもオーストラリア的な話じゃないですか・・・。
    私もこういう経験山ほどあります。涙
    今日本にいて、オーストラリアとはどんな国?・・・を忘れていたのですが、今思い出したー!!
    なんだかオーストラリアに戻るのが憂鬱になりそう・・・汗
    でもピンク、きちんと手にはいってよかったですね。私もかわいい携帯電話欲しいなぁ~。

    コメント by yummie — 2006年5月24日 @ 12:13 AM
  • たかが色くらいでなんて思わないよ~。
    色はどれにしますか?って聞いてるのはO社なんだから、顧客がリクエストしたものを普通に送るべきだもん。「間違って黒が届いたからピンクにしてください」って顧客に言われたら、「すみません、すぐにお取りかえします」って反応が普通だよー。それが「たかがプラスチックケースだろ?」って、人を馬鹿にするのにも程がある。
    うちもO社を使ってて、周囲でもそこそこ評判がいいから、今回のsangoちゃんの経験はちょっと運が悪かったのかなぁと思うけど、O社、まずいことやっちゃったよね。
    話では、O社のミスった当人って研修中の人だったんでしょ?その人が勝手に判断したんだよね。配達にきたとき、「I’m sorry, it’s my fault.」と何度も言ってたって話は良かったね。それで電話のたらい回しの件がフォローされるわけではないけど・・。
    そういえばピンクの電話っていうと、ミヤちゃんとヨッちゃんだ。華やかで可愛い色!新しい携帯、エンジョイしてね。

    コメント by rizza — 2006年5月24日 @ 9:35 AM
  • 私も似たような経験があります。
    タイのホームセンターでドアの両脇に取り付けようと防水タイプの照明器具の黒を2個購入して帰国して取り付けようと箱から出したら、1個はシルバーでした!1000円ほどの商品ですから、クレームを言う気にもなりませんでしたが、ここに書いてほんの少しスッキリさせてもらいましたよ。(笑)

    コメント by cityde2 — 2006年5月24日 @ 10:08 AM
  • rizzaちゃん、そうそう、O社の人が皆そうとは限らないし、今回はたまたま運が悪かったと思うわ~。でも、そう思うと、たった1人のスタッフの言動で、わたしのO社に対するイメージが多少なりとも決まっちゃうと思うと、それも怖いね。ミヤちゃんとヨッちゃん! なつかし~。そっか、ピンクの電話とキーをたたきつつ、気がつかなかったよ。よっちゃんは旅番組で美味しいもの三昧だったような……。
     
    cityde2さん、帰国してから気がついたなら、なおさらショックですよね。間違えるなよ~!!って、わたしならプンプンしそう。
     
    yummieちゃん、日本滞在中の忙しいときに、わざわざ書き込みありがとう。日本ならありえない話、オーストラリアでは普通だったりするんですよね。さすがに今回は日本のカスタマーサポートの素晴らしさを心からすごいな~と思いました。

    コメント by sango — 2006年5月25日 @ 12:10 AM
  • 新しい携帯ゲットなのね~オメ☆デト
    逆切れする店員って本当にこっちが開いた口が塞がらないわよね。
    言ったモン勝ちの国ですものね。お疲れサマ

    コメント by ペケ — 2006年5月25日 @ 12:45 AM
  • やっと手に入ったんだね。よかったね。
    この前会ったとき、「ピンクの携帯が来る」ってうれしそうに言ってたよね~ その後、広告で見て、これのことかな~って思っていたら、そうでした~
    最近はオーストラリアも携帯の機種が増えましたね
    デザインも色々増えてね。
    こちらのサービスについての批評はいろいろ聞くね。電話での待ちは私も何回も経験あるよ。
    携帯からかけなければいけない時とか困るね。
    私はプリペイドだからお金なくなっちゃうよ~って待ってる間に…。
    もしかしたらさんごちゃんは今までラッキーだったのかもね。たぶん今回のようなことで、海外生活における白黒つける強さのようなものが養われていくのかもね。
    今度見せてね~

    コメント by y_G — 2006年5月25日 @ 12:50 AM
  • 負けずによくやった!と言わせていただきましょう・・・。ホント、オージーのおおらかさ=いい加減さ、こういうトコで凶と出るんだよね!客の立場であっても戦わなければいけない・・・疲れることもあるけど、でもやっぱあののほほんさ、キライになれなかったりして。

    コメント by たみぃ — 2006年5月25日 @ 11:08 AM
  • 可愛い~!!ピンクの携帯☆
    でも、sangoさんの手元に来るまで迷子だったのか誘拐されていたのか??笑)
    「黒でいいか~って思って」という担当さんは凄すぎるキャラに思えるけど、オージーだったらあるかもしれないエピソードなんですね!
    とにかく、可愛いピンクの携帯がsangoさんのお家の子になったので良かったです♪
    頑張った甲斐がありましたねっ。

    コメント by r_decop — 2006年5月25日 @ 3:19 PM
  • y_Gちゃん、わたしって、嬉しそうに話していたんやぁ……。なんだか、ちょっぴり恥ずかしいけど……。そう、やっとわたしの手元にやってきたのよん! かなり薄いし、薄暗いカバンの中にあっても目立つ色やし、すぐに見つけられて、便利よ~。
     
    たみぃさん、ほんと、負けずによくやった! と自分でも思います~。そうか、オーストラリアでは戦わなきゃいけないんだな、と今さら身にしみました。日本ではありえないけど、それもまた、この国の一つの魅力ですよね。
     
    ペケさん、そうなんです、新しい携帯♪ あまり、そういうのに興味なかったけれども、今回はいろいろ機能をいじってみようかと思ってます。わたしも、がんがん言えるだけの英語力、もっとつけなきゃ。
     
    r_decopさん、この色、かわいいでしょ~? オーストラリアの携帯も、いろいろと種類豊富になってきました。ついこの間までは、わたし、トランシーバーのようなの、使っていたりしたし……。でも、今ではわたしの手元♪ よかった、よかった、です。

    コメント by sango — 2006年5月26日 @ 2:41 AM

Leave a comment

Popular Posts

まだデータがありません。