大忙しの毎日

Posted in: 2006年 11月 18日

17日にPちゃんが京都へ到着し、まずはわたしの両親へ挨拶しました。と言っても、母とはもう会って一緒に遊んだことがあるし、父とも電話で話しているので、挨拶と言ってもそんな大そうなものではなく、4人で食卓を囲み、わたしの実家の味を食べてもらいました。

夜、姉の家へ行ったら、再会を喜ぶ甥っ子&姪っ子が大はしゃぎして、もう大変。せっかく用意してくれた霜降り牛の焼肉やお刺身、Pちゃんが食べたかった京都の千枚漬けなど、味わう余裕もなく……。ちびたちに大人気のPちゃんでした。

18日朝から、わたしの両親も一緒に呉へ行きました。Pちゃんの実家を初めて訪れました。お昼にはPちゃんが子供の頃、おやつに食べて育ったという、近所のお店の広島焼き&たこ焼きに舌鼓。そうそう「広島焼き」と言うと「違う~!」とつっこまれます。正真正銘の「お好み焼き」だそうです……。関西とは作り方がまったく違うんですよね。薄い生地に山盛りのキャベツをのっけて、中華そばも入っています。そのお店のおばさんが、Pちゃんが帰省するということで、特別に腕をふるってくれたそうです。その後に写真撮影があるというのに、ビールも飲んだし、かなりお腹がふくれました。オーストラリアのお土産を渡したり、予期せぬ素晴らしいプレゼントに泣いてしまったり、慌しくも楽しい時間を過ごしました。

20061201-20061118b.jpg
5時間におよぶ写真撮影の後には、お互いの両親を含む6人で夕食会でした。あんなに豪華なコースは初めて! というくらい、これでもかと続くお料理。季節を感じさせる素材や素晴らしい見せ方も参考になりました。写真はその一部です。

20061201-20061118a.jpg
20061201-20061118c.jpg
そうそう、今回の里帰り中にデジタル一眼レフカメラを購入しました。インターネットでいろいろ調べていて、キャノンの「EOS Kiss Digital X」か「Nikon D80」かとか、候補は数種類に絞っていたのですが、決め手は店頭で手にした感触! と思っていました。結局、構えた感じが一番しっくりきたのと、グリップの部分をつかんだ時の安定感とぴったり感で「Sony α100」にしました。インターネットで一番安いお店も見つけてあったのだけれど、立ち寄ったお店で接客してくれたおじさんが控えめで好感がもてたので、「わざわざ家に帰ってコンピューターを立ち上げて……って面倒よりも、このおじさんから今買いたい!」と思ったので、その場で即決してしまいました。

あまりにいやらしい値切り交渉は苦手だけれど、それとなく言ってみるもんですね。会話の流れから、古いカメラの下取り5000円の確約と、本格的な三脚、大判プリント100枚分無料、Tシャツにプリントしてくれるサービスなど、いろいろつけてくれました。

一眼レフはこれで2台目です。後で気がついたのですが、初代がミノルタのαシリーズなので、レンズも再利用できそうです。まだお試し中なのですが、上の3枚の食べ物写真がいつものコンパクトデジタルカメラで撮ったもので、以下がα100で撮影したものです。どうでしょ? 違うかな?

20061201-20061118d.jpg
ホテルの最上階にあるバーの風景。

20061201-20061118e.jpg
同じホテルのレストラン入り口のクリスマスツリーです。最近、結婚を機にいろいろと振り返って考えることがあるので、近いうちに自分とカメラ&写真のことも綴ってみようかと思います。

2 Comments

  • こんばんは。
    私 sango さんの撮る写真、どれも好きです。なんかこう、味があるというか、愛があるというか。
    というわけで、上の三枚のコンデジで撮った写真もきれいだし、もちろんαで撮った写真もきれいです。
    αはきっとゴールドコーストに戻られたら本領発揮することでしょう。楽しみです♪

    コメント by brisdaily — 2006年12月9日 @ 1:54 AM
  • brisdailyさん、どうも~。
    写真、ほめてもらって、恐縮です。
    最近、どうも自分の写真がワンパターンだなと
    思ってて、わたしはbrisdailyさんのように、
    ひろ~い空間を素敵にうつしてみたいなと思ってるんですよ。
    α、今いろいろさわっているところです。PCはじめ、カメラとか、気がつくとSONYばかりになってきました。αも、もうちょっとSONYっぽい何かがあればな、とちょっとだけ思いました。

    コメント by sango — 2006年12月11日 @ 9:16 AM

Leave a comment