自然から学ぶ

Posted in: 2009年 03月 23日
Category: ひとりごと

ゴールドコーストは海も山も自然が素晴らしいです。写真は、ちょいっと山方面へ車を走らせて撮ったものです。

20090323-20090323c.jpg
先日姉が「泣きそうなぐらいなつかしいもの、送ったしな~」と言っていたので楽しみにしていたら『ふしぎな島のフローネ』のDVDがきた! なつかし~! 感激! 「しおかぜを ほほにうけ はだしで かけてく~」ですね。

わたしはテレビの「世界名作劇場」で育った世代ですが、フローネと『南の虹のルーシー』にはとても影響を受けたようです。小学校の文集に「スチュワーデスになって外国をとびまわり、世界中に友だちを作ってオーストラリアで暮らす」と書いたような記憶があります。フローネもルーシーもオーストラリアが関係しているんですね~。今になって知りました。他に『アルプスの少女ハイジ』も大好きやったなぁ。

20090323-20090323b.jpg
ちなみにYちゃんは『未来少年コナン』の大ファンで、これは宮崎駿さんの初期の作品ですね。30代になってからですが、わたしも夢中になりました。Yちゃんの昔話をきいていてると、山や海をかけまわり、コナンを地で行くような少年時代を過ごしたようです。自然の中で基礎体力や知恵をつけ、いろいろなことを経験し学んだみたいで、ちょっとうらやましいです。

20090323-20090323a.jpg
わたしは自然の近くで育っていないので、アニメの中にでてくる自然の風景や生活に憧れを抱いていたのかもしれません。

わたしたち夫婦は映画をたくさんみますが、昔のアニメは何度もリピートしています。なつかしいという感情以上に、新たな気持ちで入り込んでしまうんですよね~。

写真と本文の内容があっていませんが、自然から学ぶことは多いということで(笑)。

フローネをみていたら、なんだか思いっきり走りだしたくなりました。お姉ちゃん、ありがとう♪

12 Comments

  • 小学校の頃からの夢が叶ったわけですね。
    私は自家用ジェットで世界中を旅行したいと思ってましたが、死ぬまでに叶いそうにありません。旅行は普通の人の何倍かはすることができましたが。(笑)

    コメント by cityde — 2009年3月23日 @ 10:09 PM
  • コンバンワさんごサン 兄弟や両親って本当にありがたいですよね。僕はあなたよりかなり上の世代なので、漫画は鉄人28号とか、巨人の星の世代です。(笑)かなり古いですよね。子供のころの夢は世界中に行きたい。それも何故かスイスにというものでした。20歳の時にハワイでしばらく暮らし、30歳の時にヨーロッパを廻ったので、スイスは実現したので夢は一部叶ったのかな。今は子供と一緒に波乗りがしたいですね。ところで、バイロンベイの辺りでサメの大群が出現したという記事を読みましたが、早くどこかへ行ってくれ~。

    コメント by YOSHI — 2009年3月23日 @ 11:55 PM
  • さんごさん!フローネもルーシーもペリーヌもハイジもトムソーヤも・・・見てーたーよオ~地元の愛媛は日曜日の夜にやってたよ。楽しみでしょがなかったね~。あのテレビでうちも影響されたよ。べたやけど、ハイジが大好きで牧場で働こうと本気で考えてた頃もあったか。フローネもそうだけど、大自然のなかを裸足でわあああああって走り回りたいって ずっと思ってたかな。
    オーストラリアには、まだまだ自然が一杯あるやろうけど、確実に人間の都合で破壊されてる 自然もある・・・便利になりすぎて、それが当たり前になってるやんね~写真のように 力強くまっすぐに伸びる木々や、あふれ出す滝に先ずは感謝しないとね。

    コメント by とよち — 2009年3月24日 @ 4:09 AM
  • う~懐かしい題名がいっぱい。
    ワタシもフローネ大好きだったよぉ。あの大きな木とかに登りたいぃーって真剣に思ってたしね。
    DVDかなり羨ましいでーす☆

    コメント by Minx — 2009年3月24日 @ 11:21 AM
  • 私も世界名作劇場いつもみてた~。
    日曜日やったっけ!?
     すごい楽しみにしてたん覚えてるわ。
     それにしても小学校の頃から、オーストラリア
    移住考えて点なぁ。すごいわ。

    コメント by じんちゃま — 2009年3月25日 @ 2:16 PM
  • citydeさん
    そうですね~、小学生の頃はそう書いていましたが、
    その後はオーストラリアなんて心のどこにも
    なかったんですけどね~。
    不思議な縁とでもいいましょうか。
    わたしも今ここで暮らしていなかったら、
    世界中をウロウロしているかもです。
    citydeさんの訪れた国は何カ国になるんですか?

    コメント by sango — 2009年3月26日 @ 12:25 AM
  • YOSHIさん
    どうもですっ!
    YOSHIさんはいろいろなところへ行かれているんですね。
    今はゴールドコーストがお気に入りということでしょうか(笑)。
    親子でサーフィン、いいですね!
    海は眺めているか釣りをするかぐらいなので、
    いつかは挑戦してみたいです。
    ご存知だと思いますが、
    バイロンベイに限らずオーストラリアでは
    サメは毎年ニュースになり、
    被害者があとをたちません。
    十分過ぎるくらい、気をつけてくださいね~。

    コメント by sango — 2009年3月26日 @ 12:29 AM
  • とよちさん
    そうそう、日曜の夜でした!
    ペリーヌ!!
    なつかし~。
    やっぱり皆、アニメに影響受けているんやね~。
    ハイジと言えば干し草のベッドとか!
    わたしは浮かれ気分で、
    いいところばっかり見ているようなところがあるので、
    破壊され続けているということも
    ちゃんと認識しなきゃなぁと思いました。

    コメント by sango — 2009年3月26日 @ 12:31 AM
  • Minxちん
    なつかし~よね!!
    大きな木の上での暮らしとか。
    このDVDは総集編みたいな一枚で、
    めっちゃはしょっていたけれど、
    それでも十分なつかしかったよ。

    コメント by sango — 2009年3月26日 @ 12:33 AM
  • じんちゃま
    そうそう、日曜日の夜やで~。
    なつかしいな。
    今の子たちは何をみるんやろうね~。
    いやいや、あの時はそう書いただけで、
    その後はオーストラリアなんて夢にも思ってへんかったよ。
    ただただ海外に、海の向こうに行ってみたかっただけで。

    コメント by sango — 2009年3月26日 @ 12:35 AM
  • ペケさん
    ペケさんも同世代やね~。
    ほんっと、フローネっていう言葉だけでも
    なつかしい!

    コメント by sango — 2009年3月26日 @ 12:35 AM
  • 私もフローネに影響めりめり受けた子供の一人よん♪懐かしい~

    コメント by ペケ — 2009年3月26日 @ 9:19 AM

Leave a comment