ゴールドコーストでゴーヤのカーテン完成

Posted in: 2010年 02月 10日
Category: ひとりごと

友達ファミリーが今朝日本へ帰りました。ゴールドコースト空港へ送り帰宅すると、玄関先にサンダルや靴が少なくなっていて、なんだか寂しい……。2歳児Kちゃんはものすご~く愛嬌があり、にこにこ笑顔にキャッキャとはしゃぐ声がたまらなく可愛かったです。

見送りの際、「ゴールドコーストに別荘ができたみたい。絶対にまた来るから~」の一言が何よりも嬉しかった。楽しんでもらえたんやなぁ、と。

家族や友達たちが喜んでくれる、一緒に密な時間を過ごす、これほどに大切なことはありません。だって、わたしもこれまでたくさん世話になり、いろんな人によくしてもらってきました。それは決して忘れたらいけないなと常に思っています。

20100210-20100210.jpg
そうそう、BBQボートを借りて海で思いっきり遊んだり、土ボタルを見に行ったり、朝からBBQしたり、北京ダックを食べに行ったりと活動的に過ごしているうちに、我が家のゴーヤがすくすくと成長をとげていました。今では20個近くできています。ゴーヤのカーテンも完成です。本当に日よけになるんですね、嬉しい♪

さ、明日から「Back to normal」、静かな日常生活に戻ります。

9 Comments

  • お友達ファミリーは、ご機嫌で日本に帰っていったんだねぇ~
    素敵な一週間だったんだろうなぁ♪
    ゴーヤのカーテン!すごいねぇ~
    とっても立派だわぁ☆

    コメント by yukky — 2010年2月12日 @ 12:27 AM
  • ゴーヤ、食べたくなりました。
    マレーシアでは少し白いヤツは売ってるのですが、苦味がぜんぜん足らないのです。やはり沖縄産のヤツが最高ですよね。地元では3本100円とかで売ってましたし。

    コメント by cityde — 2010年2月12日 @ 1:00 AM
  • さんごさん!楽しい1週間でよかったですね。日本とGCはやっぱり 遠いです。思いっきりあそんどかないとね~。時間や思い出は後から作れるもんではないですもんね。
    ゴーヤのカーテン・・・一石二鳥ですね。
    これから どんどんゴーヤくんができますよ。

    コメント by とよち — 2010年2月12日 @ 2:05 AM
  • sangoさん!!!タピオカはお湯からです! 冷水禁ですよ 水の中で液体になってしまいます
    あのやつは 要注意です 週末に作るって書いてあったので急いでこちらに書き込みしました
    お湯にタピオカを入れるです! あの袋のはね♪ 
    お気をつけくださ~~~~い

    コメント by mama — 2010年2月12日 @ 11:52 PM
  • yukkyさん
    わたしたちまで満喫しましたよ?。
    普段と違う生活になるので、
    友達や家族が遊びにきてくれると、
    こちらまで楽しくなります!
    ゴーヤのカーテン、立派でしょ!

    コメント by sango — 2010年2月13日 @ 8:36 AM
  • citydeさん
    このゴーヤはかなり苦いです!!
    見た目も日本のとは少し違いますが、
    かなり苦みが強いように感じます。

    コメント by sango — 2010年2月13日 @ 8:37 AM
  • とよちさん
    そうですか?
    やっぱり遠く感じますか?
    うちに来てくれた人たちは
    「意外に近かったんで、また来るわ?」
    って感じです(笑)。

    コメント by sango — 2010年2月13日 @ 8:38 AM
  • mamaさん
    ありがとう?!!
    わたし、読み間違えていましたね!
    助かりました、お湯からゆでます!!

    コメント by sango — 2010年2月13日 @ 8:39 AM
  • “nothing in human affairs is foreign to me,” or the like. To be surprised, in the sense that a specialist or other Horatio type is surprised by something not in his philosophy, is to be confused, to not know how to assimilate some se.ir-smpressionnVeey different this from the flow of small novelties that is, given the size of the world and the smallness of our minds, infinite, and that we never cease from seeking. I am not endorsing jadedness. I am saying that I prefer my novelties largest-first, that I would rather ambush them than let them ambush me.

    コメント by Julissa — 2017年4月26日 @ 2:05 PM

Leave a comment

Popular Posts