ザワークラウト作り

Posted in: 2011年 12月 17日

わたしたちは週末にお肉をがっつり食べているのですが、その付け合わせにザワークラウトがぴったりです。発酵食品作りの一環として始めたのですが、その美味しさにすっかり虜になっています。お肉類はすべてBBQで焼くので余分な脂は落ちているのですが、口の中に酸味が加わるとさっぱりするし、お肉自体の味もぐんっと広がる気がします。

20111217-20111217a.jpg
これは初めて作ったもので、伝統的なレシピどおりにキャラウェイシードを加えました。大成功♪

20111217-20111217b.jpg
簡単に美味しくできたので気分を良くし、再び大量に作ろうとしたところ、間違えてクミンシードを入れてしまいました。その上、塩分が足りていなかったようで、若干気になる臭いが……。クミンシードのせいではなさそうだし、いたんでしまったと認めるしかありません。でも巨大なキャベツ一個分をまるまる捨てる気にはなれず、上の方の臭いがきつい部分だけを処分し、塩分を足して様子をみていたところ、悪い菌はそれ以上広がらず乳酸菌醗酵だけ進んだようです。良かった~。

オーストラリアは夏なので、発酵食品作りをするときには気温と塩分に注意しないといけませんね。この間の里帰りで、乾燥した麹を買ってきたので、近いうちに塩麹作りに挑戦してみたいと思います。

コメントはまだありません

Leave a comment