体重増加

Posted in: 2006年 06月 01日
Category: ひとりごと

20060601-20060601.jpgやっとファイナル・イグザム(最終試験)が終わりました~。4時間くらいかかって電卓をたたきつつ、わたしの頭はフル回転。これで今晩から好きなだけ本が読めるし、DVDもみられるし、週末にオフィスにこもってガリ勉しなくてもよいし……、とにかくほっとしました。

会社経営に役立つのと、お金関連にちょっとだけ興味があったのと、単なる勢いにまかせて受講しはじめたんだけれども、学費だって払っていることだし、なんとか合格して資格を手に入れようと頑張ってきました。

でもっ! 慣れないプレッシャーとストレスのせいか、体重をはかってみたら、なんと4キロ増量! 一日4時間(週に3回)のクラスが終わって帰宅するとヘロヘロなので、夕飯の仕度が面倒になり、かなり適当な食生活が続いていました。朝2時に起きて勉強しつつ、大量に食べたりして(ドカ食いってやつ)、食習慣が乱れに乱れていたのも事実。安売りにひかれて買ってしまった、普段は絶対に買わないようなベジタリアン向けソーセージ(2ドル)&目玉焼き&インスタントのピラフとか……。なんとお粗末な夜ご飯。このソーセージ、甘ったるくて、ちっとも美味しくなかった。

体重増加と言いつつ、これは冗談でも何でもなく、わたしは背が高いのでプラス・マイナス10キロくらいの変動ではほとんど誰にも気づかれません。自分で「あれっ? ウエストがきつい?」って思うくらいです。

それにしても、今回骨身にしみて思ったのは、ちゃんと大学や大学院を卒業する留学生の皆さんのすごさです。めちゃくちゃ努力してはると思います。週末でもホリデー中でも、きっと心の底から遊びを楽しむなんて無理だろうし、とにかく単位取得や卒業に向けて一生懸命なんだろうな。

それからオーストラリアへ移民してきた人たちの大変さ。それも、日本人社会とかチャイニーズ社会とか、そういうところのない国出身の人たち。彼らはオージーと同じ土俵(英語社会)で仕事していかなきゃなりません。語学のハンデを背負いつつ、なんとか職を得るために必死です。

体重は増えたけれども、いろんなことを考えたり、知ったり、経験できたので、この数ヶ月間は貴重な体験をしたと思います。

3 Comments

  • 最終試験、お疲れさまでした。
    オーストラリアは人口も少なく、競争も少ないように感じていましたが、実際に生活してみると違うのでしょうね。まあ、私が知っているのはオリンピック前のオーストラリアですし、かなり変化しているのかもですが。
    ところでひとつ質問があります。最近バイオマスについて興味があるのですが、北海道と同じように牛さんが多いそちらではどうでしょうか。もし何か面白いトピックスがあれば教えてくださいませ~。

    コメント by cityde — 2006年6月2日 @ 9:25 AM
  • 試験、お疲れ様でした。
    毎日旦那が「試験だ試験だ」と言って勉強しているので、sangoさんもそんな感じなのかなぁ~??と思って読みました。
    本当お疲れ様でした。
    それにしても4キロ増って!私が4キロ増えたら、お肉がブニブニしてスカートはいらないかも・・・汗 うーむ。。。
    私も日本に行ったせい?でお肉ぽちゃぽちゃなので、一緒に健康的ダイエット(食べたいものは食べつつ・・)頑張りましょぉ~♪

    コメント by yummie — 2006年6月2日 @ 2:52 PM
  • citydeさん、オーストラリアは人口が少ないですが、日本より貧富の差は大きいかもしれません。超超超豪邸が立ち並ぶゴールドコーストにも、バラックのような建物で暮らし、ドラッグ漬け&バス停などでタバコや小銭をぜがむフラフラした人も少なくありません。そうそう、バイオマスについてですが、初めて聞いた言葉です! 不思議な成り立ちの国ではありますが、環境に対する意識はわりかし高い方だと思うので、ちょっといろいろ調べてみようっと。すみません。役立たずで……。
     
    yummieちゃんの旦那さまも日々頑張ってはるのね~。いろいろプレッシャーもあると思うので、いたわってあげてね♪ 4キロって、やっぱり大きいのかな? わたしは本当に見た目がかわらないので、あまり意識していないんだけど。まぁ、これから寒くなるので、脂肪をたくわえて、ちょうどいいか、と気楽なもんです。

    コメント by sango — 2006年6月2日 @ 7:40 PM

Leave a comment

Popular Posts

まだデータがありません。