粉ものに挑戦

Posted in: 2012年 10月 10日

ゴールドコーストに夏がやってきました。暑いです〜。春や秋といった移りゆく季節を楽しむ間もなく、いきなり次のシーズンががつんとやってきます……。

さて、食べ物にちょっと気をつけるようになってから何が変わったかというと、もともとマメなYちゃんがさらに手作りに精をだすようになりました。オーストラリアでも「白い」食べ物より「茶色」のほうが健康的とあって、玄米や全粒粉のパン、ブラウンシュガーなどは一般的ですが、我が家でもできるだけWholemealの粉を使って手作りしています。おうどんやラビオリ、中華麺などは白い小麦粉で作るほうがそれらしくできますが、ピザ生地は茶色い粉でも成功しましたよ。

レシピはインターネットで簡単にみつかりますが、気温や湿度、素材の違いなど、結局は経験が必要になってくるようで、あれこれ微調節を繰り返しています(Yちゃんが)。

20121010-20121010a.jpg
具をのせる前にちょっと焼き色をつけておいて、それからトマトソースとお野菜、チーズをたっぷりトッピングします。

20121010-20121010b.jpg
いつも思うのですが、パスタとピザは我が家の味が一番しっくりくるな〜。

4 Comments

  • パスタは分かる気がしますけど、
    ピザも我が家の味が一番しっくりくるって
    すごいですね〜
    Yちゃん、様々ですね^^

    コメント by ひろみ — 2012年10月14日 @ 4:54 PM
  • 先日友人がオーストラリア旅行のお土産にwholegrainsのまさに茶色いシリアルをくれました。さすが健康オタク仲間です(笑)
    オーストラリアといえばハイカロリーでジャンキーなお菓子のイメージが強いですが(チョコパイやtimtamのせいかな)、そのシリアルは甘味もついておらず、上質でとてもおいしかったです。食事も、シーフードが美味しくてとてもヘルシーだったそうです。
    茶色い粉だと食感がざらついてぼそぼそするのが、メニューによっては気になりますね。
    しかしPizzaの美味しそうな事!

    コメント by bon — 2012年10月16日 @ 12:55 AM
  • ひろみさん
    でもピザは、たま〜にお店で食べてみると、
    「おぉっ!」と思ったりもします(笑)。
    手作りしていても、
    向上心を忘れるとよくないですね。
    「これで満足していたら、あかんなぁ〜」
    と最近よく話しています。

    コメント by sango — 2012年10月16日 @ 10:47 AM
  • bonさん
    ちょうどbonさんのブログを拝見して、
    コメントしたところでした〜!
    こちらのスーパーをみてみたら、
    そのイメージが変わるかも!
    日本よりも健康意識が高い人が多い気がします。
    でも、まぁ、ザ・オーストラリアなものもたくさんありますが(笑)。
    わたしはもともとふわふわした白いパンより、
    どっしりナッツがつまったパンや
    ブツブツした雑穀パンが好きなのですが、
    麺類はどうしても白い粉のほうが出来がいいです。

    コメント by sango — 2012年10月18日 @ 1:01 PM

Leave a comment