京都の実家滞在記 – 南座で観劇編 –

Posted in: 2008年 08月 28日

京都の実家に戻ってからは用事をすませたり、ちょうど都合のあった友に会ったり、家族と出かけたり、甥っ子&姪っ子ちゃんと大騒ぎしたり、相変わらず忙しく過ごしました。

そんな合間をぬって、南座で公演中だった『羊と兵 』をみるチャンスにめぐまれました。中村獅童さんや辺見えみりさん、田畑智子さんらが出演していました。

芝居をみること自体、ものすご~く久しぶりだったのですが、双眼鏡を持っていくのを忘れちゃいました。でも、役者さんたちの表情がなんとかわかる席だったので、食いいるようにしてみました。

ストーリーは……、謎めいていいて、よくわかりませんでした。戦争中という設定なので明るい展開では決してないのですが、ところどころ笑いを誘う台詞がありました。

どういう意図があって、こういう演出? つくりかたなんだろう? って気になったり、母親役の佐藤直子さんにやたらと目がいったり、辺見えみりさんがお人形さんみたいにかわいらしいのに、声は太いというかはってるなぁとみとれたりしていると、あっという間でした。

それにしても、生のお芝居はよかったです。臨場感があるし、全体がひびいてくる感じがしました。女優さんたちのメイクやファッションも好きな感じでした。

一人で観劇を楽しみ、静かな夜を過ごしました♪

4 Comments

  • お芝居っていいわよねー。
    映画と違う緊張感と一体感が得られるもの。

    コメント by ペケ — 2008年8月28日 @ 3:49 PM
  • たまには、ひとりで静の時間も必要やな~何でも バランスが大事やわ。みんなで たらふく遊んだあとは、ゆっくり 心を休めなきゃ・・・。京都の女の人は気遣い上手っぽいもんね。イメージでしゃべりすぎ????

    コメント by とよち — 2008年8月29日 @ 4:25 AM
  • ペケさん
    一度はこちらでも、みてみたいわ~。
    ペケさん、くわしいよね!!

    コメント by sango — 2008年8月29日 @ 11:06 PM
  • とよちさん
    ははは、わたしは気遣いなかなかできてません~。
    ほんまは、あかんねんけど(笑)。
    自己中心的なふるまいをしているようで、
    よく夫から注意をうけてますよ。
    そうそ、バランスって大事やと思う。
    わたしは一人でいることも大好きやし~。
    だからこつこつとクラフトやってるんかも!

    コメント by sango — 2008年8月29日 @ 11:10 PM

Leave a comment