QUEENSLANDERS are paying more!!

Posted in: 2010年 06月 28日
Category: ひとりごと

先日の新聞で知ったのですが、クィーンズランダー(QLD州の住人)は食料品や日用品に対して、他の州の人たちよりも高く支払っているそうです。

20100628-20100628.jpg
例えば、6個入りのトイレットペーパー、シドニーがあるNSW州では4.19ドル(約327円)なのに対しQLD州では4.40ドル(約343円)、小麦粉300gがNSW州では2.24ドル(約175円)なのにQLD州では2.42ドル(約189円)、10個入り紅茶のティーバッグがメルボルンのあるVIC州で1.64ドル(約128円)なのにQLD州では1.73ドル(約135円)という具合です。

小さな差のようにもみえますが、日々のこととなると大きな違いになりますよね。大手スーパーのColesでは値下げキャンペーンを実施しているようです。

6 Comments

  • あらま~これは何の違い?
    東京と大阪みたいに ちょっと東京のほうがたかいよね~ってそんな感じなの?
    ほんと 毎日のことなら積み重なるといやよね~
    コールスがんばれ~ですね。

    コメント by とよち — 2010年6月29日 @ 10:03 AM
  • そうそうWA州も値段高いんだって?。
    コールズ&ウールワース以外に
    しっかり競争相手が出てきてくれたらいいのにねー。

    コメント by ペケ — 2010年6月29日 @ 11:00 PM
  • 相変わらず高いみたいですね。
    そのうちにドンキホーテあたりが進出するかもです。ちなみに再生紙を使った12ロールの最安値は188円でしたっけ…

    コメント by cityde — 2010年6月30日 @ 10:20 AM
  • とよちさん
    コールズとかウールワースってどこにでもあるだけに、
    差があると知るとショックだったんです。
    でも、そうえすよね、日本でも東京と大阪では
    物価が違うだろうし。
    日本から戻ると、何でも高く感じます……。

    コメント by sango — 2010年7月2日 @ 6:46 AM
  • ペケさん
    WA州も?
    パースは独立した街ってイメージがありすぎて、
    物価がどんなだとかまったく想像つきません。
    でもペケさんのブログのおかげで、
    いろいろ知ることはできるけれど(笑)。

    コメント by sango — 2010年7月2日 @ 6:48 AM
  • citydeさん
    トイレットペーパーや生理用ナプキンなど、
    あまりに高いので、
    毎度のことなのに「高い!」と思ってしまします。
    物価、上がり続けています。

    コメント by sango — 2010年7月2日 @ 6:49 AM

Leave a comment