Mums with cameras

Posted in: 2014年 01月 18日
Category: ひとりごと

今日はYちゃんに息子をみてもらって、図書館で企画された「Mums with cameras」という一時間の無料セッションに参加してきました。プロのフォトグラファーによるクラスでしたが、参加者が5人だけだったのでとっても気楽な雰囲気でした。

20140118

カメラや写真を撮ること、写真集を眺めたり写真展に出かけたりすることが大好きだったのに、今は動き回る息子をiPhoneで撮るだけで精一杯な毎日です。が、こういう機会にちょっとしたティップを教わるだけで、これからファインダーをのぞく瞬間が楽しみになりますね。

図書館といえば、ゴールドコーストの図書館には日本語の本や雑誌が入っているので時々借りてくるのですが、ここ最近は『VOGUE JAPAN』にうっとりしています。育児や家事の合間のたとえ数分でも、美しい広告写真やエキセントリックなファッション写真を眺めていると、ふと別世界に迷い込んだ気分になります。ハイファッションやブランドとは程遠い生活をしていますが、一枚の写真から想像がふくらみ、物語を読んでいるような感覚になるんですよね。化粧品ブランドの広告でさえ、くいいるように見入ってしまいます。

話はそれてしまいましたが、今日のセッションを担当していたメリッサの写真もセンスがよかったな〜。「光がすべて」と言っていたっけ。数々の素敵な写真を見せてもらっていたら、実家に置いたままになっているお気に入りの写真集のことを思い出し、またいつかゆっくり手にしたくなりました。それから、今使っているコンパクトデジタルカメラはもう7年ぐらい前のものなので新しいカメラも欲しいな~と、想いは膨らむばかり(笑)。そして何より、今日は自分一人の時間を持てたことがとっても気分転換になりました♪

コメントはまだありません

Leave a comment